豊島区南長崎 街の歯医者さん

お電話でのお問い合わせ

03-6908-1163

お知らせ

NEWS

デンタルニュース!FILE2入れ歯の作り方

☆保険入れ歯と自費入れ歯

〇保険入れ歯

・自己負担は少ないが、半年間は新しく作り直せない。(保険外になる)

・人工歯、義歯床、固定装置など使用できる材料に制限がある。

・装着したときに違和感が残りやすく、味覚に影響が出ることもある。

〇自費(保険外)入れ歯

・費用は自己負担になるため、保険治療に比べて高額に。

・使用できる材料は、プラスチックから様々な金属まで設計の選択肢が広まる。

・製作工程が多いが、一人ひとりに合った装着感の良いものを作ることができる。

・見た目の違和感もない。

・熱の伝わり方が早く、食事やお茶がおいしくいただける。(金属床)

・強度に優れていて、割れにくい。